どうして今アウトドアブームが再来しているのか

キャンプ好きに聞くキャンプの醍醐味とは

キャンプ好きな方には、共通点がありつつも、楽しみ方は各々で異なります。
家族や仲間たちと、童心にかえってワイワイ楽しむキャンプが好きな方もいれば、1人でまったりしたい方もいます。
このように、キャンプもお一人様から家族単位、そして大勢と様々なスタイルがあります。
とはいえ、どんな形であっても、キャンプ好きには共通点があります。
それは、「日常からの脱出」です。
キャンプは、テントやバンガローなどがあるにせよ、屋外であることが前提です。
そのため、自宅など家電や全てのものが備わっている便利な環境からあえて抜け出し、不自由さと共に、そこでしか感じることのできないこと、楽しめないことをすることで、非日常感を感じ、ゆっくりとした時間の中で、日頃のストレスを解消できるといいます。
特に、現代人は、忙しい日々を送っており、普段は、ゆっくりと自然を感じる時間がとれないため、非日常的なキャンプが醍醐味となるのでしょう。

キャンプは子どもから大人まで楽しめる

キャンプを行うのは、子どものためですか?
もちろん、子どもがいる家庭であれば、その要素も大きいでしょう。
しかし、キャンプ自体は、子どもだけが楽しいものではなく、もちろん大人も楽しめる要素がたくさんあります。
近年、子どもも大人も「自然」を感じる機会が、少なくなってきました。
その要因には、共働きの両親、核家族化、子どもの習い事事情など、子どもも大人も忙しい日々を送ることが増えてきたことなどの環境の変化が挙げられます。
また、都市近郊では、益々都市化が進み、自然を身近に感じられる場所が少なくなってきたこともあるでしょう。
そんな現代だからこそ、自然に触れる機会が求められ、その非日常的な体験が、子どもから大人まで幅広い範囲の世代が楽しめるものとして、アウトドアが注目されているのです。
大人も子どもも一緒になって、虫とりや植物観察、水遊び、野外調理などの体験から、たくさんの発見があるでしょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る