用具が無くてもキャンプできるって本当?

キャンプの事前準備と楽しむためのコツ

キャンプを実施する上で重要なのが、いつ、どこで、誰と、何をするか…いわゆる5W1Hの要素を明確にする必要があります。
それは、どの要素をとっても、1つ忘れると、みんなが楽しめるキャンプではなくなってしまう可能性があるからです。
キャンプは、「非日常的」です。
普段の自宅で過ごす場合と異なり、家にあるものが全て揃っている訳ではありません。
そのため、すぐ近くになかったり、やりたいことができない、なんてこともあります。
そこで、それらの状況を少しでも事前準備段階で回避できるような策を考えましょう。
まずは、日程とメンバーを決めます。
家族だけであれば、理解していることも多いですが、他家族や友人などが居る場合には、その家族の構成や特徴も重要です。
上記が決まれば、次の場所と何をするかの目的もほとんど絞れてきます。
逆に、これらをしっかり押さえておけば、楽しいキャンプになるでしょう。

一緒に行くメンバーによって形式を変える

キャンプの上級者であれば、キャンプ用品も様々なアイテムが揃っていたりするため、一緒に行くメンバーの中に上級者が居れば安心ですが、キャンプ経験豊富な方であっても、一緒に行くメンバーや人数、場所、環境によって、使用する用品やレンタルする用品を使い分けています。
各々の所持物は、基本的に、その家族で楽しむ用の所持アイテムとなり、テント1つ取っても、4人家族であれば、せいぜい4~6人用などのテントで十分なため、もし10人でキャンプに行くとなっても、そのテントは使わないでしょう。
また、一緒に行くメンバーの中に、小さいお子さんがいる場合などは、お子さんも楽しめる場所の選択や、子どもの両親が、子どものことで大変にならない配慮も必要なため、オートキャンプではなく、ロッジやバンガローにするケースもあるでしょう。
このように、メンバーによって形式を変えると、より楽しいキャンプになるようです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る